レジャー中の盗難や物損について

レジャー中には多くの人がそれぞれプレイを楽しんでいます。

楽しみ方は人それぞれですが、盗難や物損などにも注意しておく必要があります。

レジャー中は盗難被害に遭う可能性がありますので、レジャーをする際は十分に注意する必要があります。

盗難について

レジャー中は盗難に遭うことがありますので、利用する際は十分に注意する必要があります。

レジャーに熱中するあまり、荷物の管理がなおざりになることがありますが、油断してしまうと大切なものを盗まれてしまうことがありますので気をつけてください。

レジャーを行う場所には不特定多数のたくさんの人が出入りしている場合が珍しくありません。その中には皆様の貴重品などを狙っている人もおり、特にスポーツ施設での盗難被害が多いと言われています。

自分の用具を置いたままその場を離れたり、用具から目を離して他の人とおしゃべりをしたりなど、油断してしまう人も多いのではないでしょうか。

新品はもちろんのこと、中古品でもあっても対象になりますので、離れる際は道具も必ず持って行くようにしてください。

普段から気をつけていれば、盗難を防止できるはずです。

盗難件数、盗難されるもの、盗難例

レジャー中は、油断してしまうと盗難に遭うことがあります。

ゴルフ:ゴルフクラブ

スノーボード:スノーボード板

サーフィン:サーフボード

ハイキング:カメラ

盗難されるものとしては、それぞれのメイン用具がとても多いです。

また、用具以外にも財布やバッグなどの小物類も被害に遭うことがあります。

レジャーをする場所によっては盗難被害が多いところもあれば少ないところもありますが、日頃から防犯対策をしっかり行っているところは盗難被害は少ないようです。

レジャー中の物損について

レジャーをする際は、盗難だけではなく物損事故についても注意しておきましょう。

例えば以下のような場合が考えられます。

・自身の不注意で自分の持ち物を破損してしまった。

・他の人のアクシデントに巻き込まれて自分の持ち物を破損してしまった。

・自分の不注意で相手の持ち物を破損してしまった。

相手の事故に巻き込まれてしまった場合など、いくら自分が気をつけていても防げない物損事故も実際には存在します。

レジャー保険によっては物損に対しての保障が充実している商品もありますので、心配な方はレジャー保険への加入を検討してみるのもいいでしょう。

まとめ

レジャー中は盗難被害に遭う可能性がありますので、これからレジャーを楽しもうという方は注意を払う必要があります。

狙われやすい物としては主にレジャー用具、財布やバッグなどがありますので、自己管理をしっかりしておきましょう。

それでもやっぱり心配だという方はレジャー保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA