レジャー保険を選ぶ際のポイントについて

レジャー中のケガや事故、盗難などに力を発揮してくれるのが、「レジャー保険」です。

レジャー保険には様々な保証がありますので、これからレジャー保険に加入してみようと考えている方は、是非一度こちらの記事を読んでおくと良いでしょう。

ここでは、レジャー保険を選ぶ際のポイントなどについて紹介します。

どのような傷害を対象にしているか

レジャーをする際、ぜひ加入しておきたいのがレジャー保険です。

レジャー保険では、以下のように様々な傷害が対象になっています。

死亡・後遺障害保険金

レジャーをしている最中に、ケガなどで死亡や後遺障害を生じた場合です。

入院保険金

レジャーをしているときにケガなどで入院した場合です。

通院保険金

レジャー中のケガなどで通院した場合です。

個人賠償責任保険金

レジャー中に他人にケガをさせて賠償責任を負った場合です。

携行品損害保険金

レジャー中に用具が破損した場合、救援者費用等保険金は、遭難して緊急な捜索や救助活動が必要な場合の救助費用などを保証してくれます。

レジャー中に用具が破損してしまった場合です。

救援者費用等保険金

遭難して緊急な捜索や救助活動が必要になり救助費用が発生した場合です。

傷害保険

レジャー保険には「傷害保険」もあり、その内容は以下のようになっています。

死亡・後遺障害保険金

ケガなどで死亡や後遺障害が生じた場合、入院一時金はケガで入院した場合です。

入院保険金

ケガなどで入院した場合、手術保険金はケガなどで手術をした場合に対象になります。

その他

携行品損害保険金や個人賠償責任保険金、示談代行サービスなどもあります。

どれだけのケガが想定されるのか

「注意点と補足」

レジャー保険では、上記のようなケガに対する保証があります。(内容重複のため削除)

ただ、保険会社が提供する保険プランによってその内容が異なることがあり、例えば、通院が対象にならないものもありますので、事前の確認が必要です。

さらに、傷害保険の場合は日常で起こったケガも保証対象になり、国内旅行保険では、たとえレジャー中で起こったケガでなくても、旅行期間内であれば対象になることもあります。

まとめ

レジャー中の事故やケガ、遭難などをした際に頼りになるのが、レジャー保険です。

レジャー保険は様々な傷害が対象になっていますが、保険会社によってその内容はことなります。

そのため、加入する際にその内容をきちんと把握しておくことが大切になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA