レジャー中に起こるケガについて

皆さんの遊びや行楽の多くはレジャーに当てはまります。

ただ、レジャーは様々な要因でケガをしてしまうことがありますので、実際に行う際には注意が必要です。

自分自身に降りかかるケガ

レジャーをする際に注意してもらいたいのがケガであり、実際にケガをした人もたくさんいます。

打ち所が悪いと大ケガに繋がることがありますので十分に注意する必要があります。

レジャー中の事故ですが、自分自身に降りかかるケガとして多いのが「転倒」です。

転倒によって身体の様々な部分を負傷することがありますが、気をつけたいのが肩のケガであり、一度負傷してしまうと完治まで時間がかかってしまいます。

また、転倒した時に肘や腕をついてしまうと肩に大きな衝撃が集中してしまい、その結果、脱臼や靭帯損傷、骨折などを生じてしまうことがあります。

このうち靭帯損傷というのは、鎖骨と肩甲骨を繋いでいる靭帯が、転倒による衝撃で過度に伸びて起こるケガです。

これは、「肩関節捻挫」や「肩鎖関節捻挫」と呼ばれることもあり、肩のケガでも多いので注意しておきましょう。

他人を傷つけてしまう場合のケガ

レジャーでは自損事故と同じぐらい多いのが、他人を傷つけてしまうケガです。

他人を傷つけてしまった場合、賠償責任が生じる事になります。

楽しんでいる最中も他人を傷つけることがないよう、注意することが大切です。

まとめ

レジャー中には転倒などをしてケガをしてしまうことがあります。

自分自身に降りかかるケガや他人を傷つけてしまう場合のケガの多くは、お互いが注意することで回避することが可能です。

自分自身が痛い思いをしたりその後のレジャーを思う存分楽しめなかったりするだけでなく、他人にケガをさせてしまえば賠償責任が生じてしまう場合もありますから、レジャー中はケガには十分に気をつけてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA